乳酸菌摂取~腸の働きとイキイキ元気にする~

腸内の細菌

私たちの腸の中には無数の細菌が棲んでいます

私たちの腸の中には無数の細菌が棲んでいます。そして、その細菌を善玉菌と悪玉菌に分けることができるのです。 善玉菌とは、私たちの身体に良い影響を与えます。一方の悪玉菌は、悪影響を与えるのです。そして、善玉菌と悪玉菌の腸内バランスのことを腸内フローラと呼び、最近の健康ブームの中で特に注目を集めているのです。 善玉菌の代表的なものに乳酸菌があります。そして、乳酸菌はヨーグルトや漬物等の発酵食品の中にたくさん入っています。ですから、発酵食品をたくさん摂ることが健康につながると言われているのです。しかし、一般的な発酵食品では乳酸菌を生きたまま腸に送り届けることができないのです。そこで、生きたまま乳酸菌を腸に届けることができる食品を選ぶ必要があります。

乳酸菌の役割について

善玉菌である乳酸菌の役割については、様々な研究報告があります。そして、まだ分かっていないことも多いのですが、簡単に説明すると、乳酸菌は腸内環境を整えて消化吸収を助けたり、免疫力をアップさせていると言われているのです。 ですから、乳酸菌を摂取して腸内フローラを健全な状態に保つことで、アレルギー性鼻炎等のアレルギー性疾患を改善する効果があると言われているのです。 さらに、嬉しいことに肥りにくい体質に改善してくれることも分かってきました。 乳酸菌が入っている発酵食品は数多く存在しますが、その中から、特に効果が高い食品を見つけることが大切です。そのためには、インターネットの比較サイトを利用して調べてみると良いでしょう。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加