乳酸菌摂取~腸の働きとイキイキ元気にする~

バランスが取れる

善玉菌を増やして腸内環境を整えよう

ヨーグルトが体にいいとかお腹に優しく整腸作用を持っているのは、乳酸菌が含まれているからです。 腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでいて、バランスが取れている状態が腸内環境が整っている状態です。 しかし、ストレスや生活習慣などが影響して、このバランスが崩れてしまうと、悪玉菌が増えてしまいます。 また、どっちつかずの中立だった日和見菌が悪玉菌に加勢してしまって、さらに腸内環境が悪化してしまいます。 これを改善するのに効果的なのが乳酸菌です。 腸内で善玉菌として働いてくれるので、腸内環境を良くすることができます。 全身の健康や美容効果高めてくれて、便秘解消にも役立ちますから、ヨーグルトなどの乳製品やサプリメントで取り入れると効果的です。

乳酸機の種類について

冬になるとインフルエンザ予防やノロウイルス予防に効果があると、ヨーグルトを食べる人が増えます。 ヨーグルトの乳酸菌が体の免疫力を高めてくれるので、風邪やインフルエンザなどの病気にもかかりにくくなります。 乳酸菌は数千種類もあり、腸内で乳酸を作り出す菌のことです。 ビフィズス菌やラクティス菌、R-1乳酸菌など、数え切れないくらいの種類があります。 それぞれ得意とする分野が違っていて、腸内で様々な働きをするため、乳酸菌を取るなら種類と働きにも注目していましょう。 また、体質によって合う菌と合わない菌があるので、色々と試してみる必要があります。 手軽なヨーグルトでもいいですし、サプリメントには多くの種類の乳酸菌が配合されているため、高い効果を期待することができます。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加